« 上場株式等の譲渡に関する特例の整理 | トップページ

2009年1月25日 (日)

本日、FP1級試験終了。。

11~1月前半の学習時間が全くとれず、

このブログも更新できず゚゚(´O`)°゚

本日、試験は終了した。

基礎編70点を目指し、過去問中心の追い込みにかけるも、

金融資産運用の5問ミスと、タックスプランニングの微妙なところを

立て続けに落とし、58点。

応用編は、中間点が甘ければ65点くらい。

厳しければ、55点くらい…。

ここまで来ると穴埋めの1~2点の正誤が大きい。

なにより、固定資産交換特例の圧縮限度額の計算が×なのは痛い。

大きく響きそうだ。

その他、付加年金額の繰上げミス、インタレスト・カバレッジ・レシオの

事業利益に受取利息・配当を入れなかったミス、

出たらあきらめていた貸倒引当金の計算が出題されたこと、

類似業種比準価額の計算が計算過程で誤ったミス…。

ここで改めて感じた。

テキスト黙読主義はダメ。

過去問を繰り返し、そこから教本に戻り、

周辺知識を肉付けするしか

独学での合格はありえないと。

次回は基礎編で+10点。

応用編で+15点。

目標にします…

|

« 上場株式等の譲渡に関する特例の整理 | トップページ

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

私も1級受けましたpaper
基礎編は58点、同じですねhappy01
応用編は穴埋めは2問間違えました。計算はいちおうやりましたが、やはり途中のミスがけっこうありましたwobbly
既に受かった先輩らに聞くと、穴埋め7割位しか出来ず、大問1問丸々書けなくて、他の問題も途中計算ミス連発だったのに65点あって自分の予想より10点以上よかったというような答えばかりでしたpaper
因みに、今回の基礎編、応用編はいつもと比べて難易度はどうだったのでしょうか?
2級の学科を受けた連中はいつもと傾向が違い難しかった、と言ってましたが?

投稿: バビー | 2009年2月 5日 (木) 05時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104834/43853531

この記事へのトラックバック一覧です: 本日、FP1級試験終了。。:

« 上場株式等の譲渡に関する特例の整理 | トップページ